オイラーと岡潔から学ぶ。

講師の中西です。

最近は暇があれば、数学に関する本を読んでいます。
勉強の本も読みますが、一番好きなのは数学の歴史や数学者の一生を描いたものです。

数学は厳密さが命だと思っていた僕は数学界一の天才オイラーや、日本の天才岡潔の思考に触れた時に考えが変わりました。

オイラーの論文を読むと現在の高校で教わるルールや制約を完全に無視❢にもかかわらず、数々の正しい結論を導き出すのです。

岡潔の著作には「自分は論理も計算も無い数学をやりたい」と発言するし、大学教授にずいぶん笑われたとあります。

それを知ってから、厳密さより伸び伸びとした発想が必要であると考え直しました。

特に岡潔先生の著作はそのほとんどが数学以外のもので、文庫本が多く出版されているのでオススメです。

数学者の突出した人間性や人生観に触れることは本当に学びが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *