春休みは計画的に勉強を進めよう!応援しています(^_-)-☆

こんにちは。講師の櫻井です。

寒さも通り過ぎ、ようやく暖かい日々がやってきた感じがしますね。
季節の変わり目で体調を崩さないようにしましょう。

さて、中3生、高3生は受験も終わり、ひとまずリラックスできる時期だと思います。
ゆっくりと休むことも大切ですが、新環境になって良いスタートを切れるように、しっかりち準備をしておきましょう。お疲れ様でした(^_-)-☆

次に中2生、高2生は「受験まで1年を切った!」ということを心にとどめ、準備するようにしましょう。ただ、何の考えもなく勉強を続けてしまうと、その時間は無駄になってしまうかもしれません。
まずは大まかに1年間の計画などを決めてみることが大切です。

そして、中1生、高1生は、春休み「1年の復習をして2年生に備える時期」として過ごすようにしてください。1年生で学習した分野は直接でなくとも2、3年生の学習に関係してきます。

この時期にしっかり復習することが、これからの成績につながるので、1日1日を大切にしましょう。

春休みは思っているよりも、やることがたくさんあるので、とても短く感じてしまいますが、自分のやるべきことをしっかりと確認して毎日を過ごすようにしてください。

中2生、高2生は受験生の意識を高めて準備を整えましょう。

こんにちは。講師の中山です。

もうすぐ春休みですね。

春休みは、長期休暇の中で特別な休みです。

何故なら、春休みは自分の立ち位置が曖昧になる時期だからです。

入試+卒業式が終わった中3生、高3生、浪人生の皆さんにとっては、やっと落ち着いて次の高校や大学に向けて準備する期間であり、逆に中2、高2の皆さんは来年のこの時期には受験を迎えるため、この期間をしっかりと「自分は受験生である!」という意識を身につけるマインドチェンジの時期になります。

この春休みで、休みだからと言って気を抜くと、スタートで出遅れてしまうので、機を逃さずに新生活への準備を整えましょう!

受験直前のアドバイスを書きます!

こんにちは、講師の今井です。

寒さもなかなかおさまってくれませんが、皆さんお元気でしょうか。特に受験生やそのご家族の方々は特に体調には気遣ってください。
 今まさに、公立高校受験の直前です。また、二年生の方々は、4月というよりむしろ今から受験生です。ともに悔いの残らないように頑張ってください。

 今回は受験直前ということで、直前にすべきことを私の実体験をもとにアドバイスさせていただきたいと思います。

 まず、必ずしてほしい事は受験前日までに、全範囲の復習(特に数学、理科、社会)をしておくことです。

新しいことを解けるようになることも重要ですが、新しい事ばかりしていると、本来解けたはずの問題の解き方を忘れてしまうことがよくあります。

今までやってきたことをちゃんと覚えているか復習してみてください。また、応用問題にも基礎的な内容は必須です。受験前は基礎を疎かにしがちですので気を付けてください。試験では「解ける問題は必ず解く」ことが合格の鍵になります。

 次に、試験前日にすべきことですが、リラックスすることが一番大切です。

あまり思い詰めて勉強しないように心掛けてほしいです。また、明日の持ち物や行き方(特に電車)をしっかりと調べておいてください。

私自身、電車を乗り間違えたりや、試験会場までの道のりが分からずに迷子になり、試験開始時間ギリギリになって着いたこともあります。ググれば何とかなるという油断は禁物です。このようなことで焦ってしまうとろくなことになりません。本来の力を出せるかどうかも試験で問われる力のひとつです。いつも通りをモットーに試験に挑めるようにしてください。

 試験当日にできることは落ち着くことぐらいです。上でも書きましたが、いつも通りの力が出せるかどうかが一番大切です。気休め程度に参考書を見るのもいいですし、友達としゃべるのもありだと思います。また、防寒対策や試験の時間配分、トイレなどには気を配ってください。特にトイレは込む場合があるので、行きたいと思ったらとりあえず行っておいた方いいです。

 「受験は合格するだけがすべてではない」と言いますが、落ちてもいいというわけではなく、合格を目指して努力することに意味があるのだと思います。どうか体調には気をつけてラストスパート頑張ってください。良い結果を期待しております。