夏期講習を振り返って。

 初めまして。講師の髙島です。

今年の5月から誠心館の新人講師として加わると共に、本年度の夏期講習の企画担当をしております。

このブログを通して、改めて“本年度の夏期講習に込めた思いや考え“をご紹介できればと思います。

本夏期講習の大きな仕掛けは「自分で説解を読み、講師に説明をする」です。

問題を解き、答え合わせをし、間違っている問題を解きなおすことはオーソドックスな学習方法ですが、「自分が間違えた原因の究明が疎かになる」、「なんとなくわかった出来たで済ましてしまう」という穴があります。

この穴を塞ぐ対策として、私たち講師から正解した問題に対しては「どうやって解いたのか?」、不正解の問題に対しては「どこを間違えたのか?」を質問しています。これらの質問の返答に対して、更に質問を重ねることで「間違えた原因」や「なんとなく理解している点」を生徒自身に気づいてもらえるような取り組みをしています。

例えば、数学では不正解となる多くの原因は計算の間違いです。「どこを間違えたのか?」、「ここはなぜ不正解なのか?」という質問に対して、多くの生徒は「計算ミス!」と答えますが、計算ミスのうち展開・移行・四則演算など間違える原因は多岐に渡ります。

そこで「途中式のうちどこで間違えたの?展開?移行?」、「どのように計算をしたのか先生に教えて」などと説明を促すことで、生徒自身で考え直す機会を与えると共に、間違えた箇所に気づいてもらう機会を設けています。人に指摘されるのではなく、自分で気づき改善していく姿勢を身に着けることが自立学習に結びつくと考えています。

夏期講習の終盤では、講師に質問される前に生徒自身で解説を読みわからないところに下線部を引く、途中式を読み直し計算間違いを探すなど夏期講習実施前と比べ考える力が伸びているように感じています。

その他に学習意欲向上に繋がる多くの仕掛けを施しています。是非、夏期講習を申し込まれた保護者様は、生徒さんが取り組んだプリント学習の成果を見て、たくさん褒めてあげて下さい。

3人の講師を迎えて❢

新誠心館!!

こんにちは、講師の今井です。

新学期からかなり離れて、今更な感じはしますが今年新しく入ってくれた講師について話したいと思います。

今年は3人の方が入ってくれましたが、すでに塾講師の経験があったりなど、みなもうすでにベテランという雰囲気があふれており、誠心館歴は僕の方が長く、頼りにされるはずが色々お世話になっています。

入った当初から三人とも新しい企画の発案に加わり、多くの意見を出していただいたおかげで、誠心館が一気に加速した様な気がします。

新講師を加え、たくさんのことが変化した誠心館ですが、これからもみんなで手を取り合って良くなったなと思っていもらえるような誠心館なれるよう頑張りますので是非今後もよろしくお願いします❢

夏休みにやってほしいこと。

講師の中西です。

新年度になって4カ月目。
もう夏休みとは本当に早いものです。

受験生は勝負の月とよく言われますが、この時期にすべきことは問題演習をたくさんすることではないと考えます。
それよりも、もっと基本的な公式や法則の理解を深めるべきです。

なぜなら、問題をたくさん解くというのは、問題に慣れるということです。
それは、分かった気になり本質を逃がしていると言い換えられます。
また、時間が経つのを忘れてしまいます。

時間がたっぷりあるからこそ、一歩一歩でいねいに理解してみてください。

生徒を見てよく思うのは、答えを見て暗記するといった単純作業をやっている人が多いことです。
そんなことはロボットにやらせれば良いですよね。考える力をつけるために勉強をしている訳です。
考えるのは面倒くさいし辛いです。

でも、辛いのは成長している証ですから、ニヤッと笑いながら、楽しんでやりましょう(^^)/

こんにちは。講師の片岡です。

誠心館に新しい講師の方が3人やってきました。今回は、その3人について私から見た印象を書いていきたいと思います^^

1人目は,谷垣先生です。この人は最初頭が良いと聞いていたので、すごく堅い感じの人が来ると思っていたら、物腰が柔らかくて、人当たりの良い人でした❢

2人目は、小池先生です。初めは愛媛から来た刺客という勝手なイメージを持っていましたが、野球をやっていたということもあるのか、楽しい感じの人です。私が朝、神大に通っていたら、坂で抜かれました(笑)

3人目は、高島先生です。「伊東大先生の紹介で来ました。」と言っていました。塾講師の経験値が高くて、話も上手いです。私が会社の人事部なら、即採用したいと思いような人ですね。

以上3人が新しく誠心館に来てくれた講師陣です。全員私より年上です。一緒に頑張っていきたいと思っています(#^.^#)

講師ミーティングで学んだこと❢

こんにちは。講師の片岡です。

4月29日に講師ミーティングを行いました。

そこで学んだことが2つあります❢

1つ目は「自己プロデュース」についてです。例題として秋元康さんのAKB48グループのプロデュース記事を皆で読みました。
そこで、AKBがなぜあれほどの国民的アイドルグループになったのかが分かってきました。

それは、自己プロデュースを大切にすることです。

具体的なものの1つは、今日あった出来事を一言でもいいから書くといったものです。
そうすることで、今日1日を振り返る習慣ができて、今日がかけがえのない1日であったとがわかる。
そして、明日も大事な1日だと思いながら、過ごすことができたりすることです。

2つ目は田中さんのジャグリングの棒演技が凄かったことです💦

あの演技を真近で見たら新入生もたくさん入るのではないでしょうか?

今回は以上です。

小池隆介です❢ よろしくお願いします。

はじめまして。4月から誠心館で講師をすることになりました小池隆介(こいけりゅうすけ)です❢

私は県立伊丹高校を卒業後、四国にある愛媛大学に入学し、この春から神戸大学に3年次編入しました。
これからは生徒の皆さんに寄り添いながら、一緒に頑張っていけたらと思います^^

よろしくお願いします❢

5の努力をしてみることが大事だと思います。

こんにちは。講師の中西です。

3月に入り、受験生の合否を毎週のように聞くようになってきました。
「誰がどこに受かった。落ちた」を聞く毎に思うことは、大切なのは結果よりも自分の選手生活に満足したかどうかだということです。

結果というのは「努力」☓「才能」で決まります。

それぞれが0~5の6段階あって、どちらかが5でもどちらかが0や1では結果は0または5。

そして、才能は親や神様からいただいたものですから、変えようがないし、自分の才能が1なのか、4なのか、ということは自分自身でも分かりません。

確認する方法は5の努力を掛けてみて、どれぐらいの結果になるかをみることだけなのです。

逆に言えば、2でやる努力しかしてなければ、もし、才能が4、5あっても気づけないのです。

だから、結果には満足しなくても全力をつくしたかどうかが大切なのです。

そうすれば、切り替えて次の目標に向かうことができます。

受験が終わった人も来年受験する人も色々な人から「5の努力」の仕方を勉強しながら、頑張ってみてください。

テスト対策の考え方

こんにちは、講師の中山です。

最近は三月中旬のような温かさになったと思えば、雨の影響で寒くなったりと、不安定な気候が続き、体調を崩しやすいですが、テスト期間真最中だと思うので、手洗いうがいをしっかりして、乗り切りましょう。

 今回は、テスト対策について書いていこうと思います。

 塾生の皆さんは現在テスト期間や受験直前の方が多いとは思いますが、テストというと理科や社会の暗記科目は一夜漬けし、数学や英語は課題に追われ、授業の復習をする暇がないという人がほとんどです。テスト2、3週間前と言われてから、焦って課題をやり始めるのは愚策であり、この方法で安定して上位を取れる人は極稀な人間だけです。

 では、普通の人はどうすればいいのかと言うと、その日に教わった事をその日か多くとも一週間以内には復習しておくことです。

よく分かっていることかもしれませんが、人間の脳は新しく学んだことはある程度のインパクトがなければ、忘れていくものです。このインパクトを復習や問題演習などで補うことで、ある程度は脳の片隅で覚えているものです。

また、学んだうちから、問題演習をしていけば、テスト前の課題に追われることなく、テスト2週間前は復習に時間を使えます。ここで、脳の片隅に置いておいた記憶を呼び覚ます作業が行えます。復習を一日30分程度行うだけでも、テスト前の負担は大きく変わるはずです。

 前述した通り、普段から授業の復習をしていれば、テストの点数は上がるのですが、ここまで読んでいる人の中には、そんなに簡単に復習できないと言う人もいると思います。新しく習った分野を理解するには時間が掛かったり、解らない問題にぶち当たって、勉強が嫌になるということはよくあることです。

 そこで、この誠心館では、毎授業生徒が持ってきた問題集をメインに授業を行っており、一週間の学校の復習の中で解らなかった範囲を聞くことが出来ます。他塾では、指定された範囲を周りの生徒と合わせて勉強することが多い中、誠心館はテスト前でなくとも、理解できていなかった範囲を振り返って授業できるため、復習の手伝いが出来ます。

 今期のテストが終わってからでもいいので、点数が伸び悩んでいる方は、一日30分から1時間程度、学校の授業の復習をし、解らないことがあれば、是非誠心館へお越しください。

答えに対する考え方

こんにちは、講師の今井です。日に日に寒くなって家からどころか布団から出るのが難しくなってきましたね。さらに寒さだけでなくインフルエンザも流行ってきました。受験生の方は特に健康に気をつけて下さい。

今回は、担当生徒を見て感じた事について書いていこうと思います。うちの塾では毎回塾長が担当生徒と席の位置を決めています。

その中には初めてみる生徒もいますが、多くは毎週同じ生徒がほとんどです。同じ生徒を毎週見ていると、だんだん生徒の特長というものが見えてきます。

この生徒は文章題が苦手であるとか、長文を読むのに時間がかかるだとか本人にもわかりやすいものから、問題に対する考え方や、覚え方など本人ではあまり意識できないものもあります。

前者に関しては、正直出来るようになるまでやるしかないと思います。

そのためより重要な物は後者の方が重要なのではないかと思います。答えを見るときにそれがわかると思います。各問題に対する考え方がしっかりしている人は答えを見る時に解く手順だけではなく、なぜそんな解き方をするのかについても理解しようとしています。

そのため、煮た問題をしばらくしてから解いても、解き方を理解しているため自力で解くことが出来ます。一方、答えを見る時にこうやって解くのかと“覚える”というより思うだけで終わっている気がします。そのため、すぐに似た問題を解いても解き方が頭から出てこずに、答えを見て「ああ、そうだった」という反応をします。

私は、勉強において覚えるというより理解することが重要だと思います。学力が記憶力だけではないのはこの理解するということも必要だからです。理解していれば、応用問題が来ても対処する武器が頭から自然と出てくると思います。

よく効率よく勉強するにはどうすればいいかという質問がありますが、”理解する”ことは時間がかかるため、効率がいいとは言えません。

しかし、理解するということは対応力を身につけるということでもあります。

そのため受験という長い目で見れば効率的であるといえると思います。勉強するときは“答え”に対する考え方を工夫してみてください。

受験生へのアドバイス(^_-)

 

明けましておめでとうございます。講師の上熊須です。

受験生は年末年始も勉強に追われていると思いますが、ここから先は体調にも必ず気をつけてください。来週にインフルエンザにかかったらセンター試験は相当大変なことになります。

一応別室受験等の制度もありますがあてにしてはいけません。受験生だけでなく家族も手洗いうがいを忘れないようにしましょう。

 

また昼夜逆転していたり、生活リズムが乱れていたりする人もすぐに直しましょう。

センター試験は大学に受験しに行くので起きる時間は普段より早い可能性があります。

 

寝坊は論外ですが、寝ぼけたまま社会を受けて凡ミスなんてことが無いように、この時期から起きる時間をしっかり管理しましょう。

 

勉強に関しては、今から慌てて何かをやってもうまくいかない人のほうが多いです。無理に詰め込み過ぎず、規則正しく勉強して規則正しく寝起きしましょう。

 

最後に、センター試験は満点を狙いに行くと大体何処かで大失敗を起こします。大失敗さえしなければ二次試験でなんとかなるので、ある程度落としても大丈夫という心の余裕を持ってください。そうすれば自分の実力通りの結果を出すことができるでしょう。