優秀な講師が一人ひとりを丁寧に指導しております^^

DSC05334

9月の塾も今日で終わりです(明日は第5週で塾はお休み)

早いもので、中学生は2学期の中間テストが近くなりました^^

過去の経験からすれば、中3は部活もないし勉強に邁進してくれますが、中2は部活に運動会に忙しい。。さらに勉強も難しくなるのでテストの点数も落としやすい^^;

どんな問題出しても満点の子もいるし、
何回やっても同じ個所で間違える子もいます。

ですが、私たちスタッフは与えられた時間の中でできる限りの学力アップをさせることが第一の仕事。

やる気がない、宿題をやって来ない、暗記が苦手。。

そんな子もいますが、“相手に原因がある”と結論づけた場合に進歩・改善の余地はなくなります。

ということで、私自身も昨日は梅田で塾教材会社の勉強会、今日は新大阪で塾コンサル会社の勉強会に参加して学んでいます。
やる気のある他塾の塾長と情報を共有しながら、教室運営を常にブラッシュアップしてまいります。

写真は阿部先生が荒牧中2年生を1対2で指導中。
奥は上熊須先生が安倉中2年、3年、天中2年生を1対3で指導中。
その奥は今井先生が伊丹北高2年、百合学院中2年を1対2で指導中。

一人ひとりのゆったりとしたスペースで生徒とコミュニケーションを充分に図りながら、丁寧な指導を心掛けております!

新しい教材の説明会を開催しました。少しでも生徒の成績が伸びますように。

DSC05331

昨日は高校生の希望者を対象に新しい教材の説明会をしました。

担当は阿部先生と中山先生。

今回は高校生の生徒のうち約半数が参加し、真剣に取り組んでくれました!

学校の参考書をさらにわかりやすくする新しい思想に基づいた教材。
使い方は簡単なので、充分に使いこなして日々の勉強に生かしてほしいと思います。

とりあえず、2週間に1回の進捗ミーティングや演習も開催します。

生徒たちの新しい武器になると嬉しいですね。

今後のテスト結果の推移を楽しみにしております。

阿部先生、中山先生

サポートよろしくです^^

中3生の志望校がほぼ決まりました! 来月からの入試特訓がんばりますー

DSC05326

兵庫県の公立高校の入試まであと171日^^

半年を切りました!

ということで、中3生たちを確実に合格させるために、10月中盤から土曜日に入試特訓をします。
入試特訓はⅠ期とⅡ期に分かれ、毎週土曜日に5時間、Ⅰ期は中1と中2の範囲を総復習します。
Ⅱ期は兵庫県の過去問と予想問題を徹底的にやります。

ちなみに誠心館の入試特訓は中3生全員参加ではありません。

勉強にやりすぎはないので、本心としては全員参加を希望しています。
ですが、家でやりたい子は家でやったらいいし、志望校に楽々合格できそうな子、例えば通知表がオール5で実力テスト450点、志望校は県立伊丹高なら塾に来なくても絶対に合格だし、合格のための入試特訓は不要です。

そんな場合は週1回、難関問題集等で県立伊丹高に合格したあとに困らないようにサポートします。

また、国立高専クラスを狙う生徒は公立高対象の入試特訓ではなく、個別指導の回数を増やして定期テストの勉強はせずに、ひたすらレベルの高い問題をやります。

今のところ、各生徒の志望校は尼崎稲園高✕3、県立伊丹高✕2 伊丹北高✕3、市立伊丹高✕2、伊丹西高、武庫之荘総合高、香住高、市立尼崎高、宝塚東高、尼崎双星高、尼崎工業高、尼崎西高、阪神昆陽高で11名。あとは私立専願という感じです。12月末になると、また若干志望校が変わるかもしれませんが、一生に一回の高校入試なので後悔しないように勉強してほしいと思います^^

写真は近大理工学部を狙っている高校生。西岡先生が猛特訓しています^^

ちなみに今年は近大に3~4人受験する予定です!

とくに理系は近大がボーダーという生徒が多いですが、近大も人気上昇中。
公募推薦で落ちたら、あとが厳しいので年内に決めてほしいです。

木曜日の授業の一コマ。休憩時間をパチリ(小学生の部)

DSC05323

小学生の部は「地頭を鍛える、楽しく学ぶ」を念頭に指導しており、百マス計算、パズル、算数ラボ、準拠ワークという流れで勉強していきますが、生徒の理解度に合わせて難しめの問題をやらせたり、基本の問題に戻ったりしながら、生徒のペースに合わせてやっています^^

学校も学年もバラバラの生徒たちですが、遊びの要素も採り入れながら皆が仲良くなるような時間も設けています!

実際のところ、小学生は成長(発達)とキャパシティの差が大きいので、目に見えない苦労も多々ありますが、教える立場からすると、そこを頭を使ってなんとかするのが面白さでもあります。

現在、塾長と女性講師2名の二人三脚、あの手この手で保護者様のご期待に応えるために頑張ってます!

Time is money. 

dsc04898

ここ最近の身近な出来事

元講師の菱川さんが外務省(外交官)の採用試験に合格!

講師の阿部さん農林水産省(東京の霞が関)にインターンシップ!

講師の藤谷さん清水建設(業界NO.1の会社)にインターンシップ!

元講師の太田さん、院試合格!(大阪大学大学院の理学研究科)

講師の伊東さん院試合格!(神戸大学医学部の保健学研究科)

元講師の飛田さん北京大学での語学留学から無事に帰国^^

皆、自分の未来を切り拓くために勉強しています^^

さらに講師の上熊須さんが学会での国内研究発表で優秀賞^^ さらに来月はカナダのトロントで英語で研究発表!

また、講師の中山さんは自分がやりたい宇宙関係の仕事に就くために来年は京都大学大学院工学研究科(航空宇宙工学専攻)に向けて準備をしています。

時間がない、忙しい、やる気が出ない。。。。いろいろと出来ない言い訳をする生徒がいますが、講師たちから言わせれば、単に「甘いっ!」の一言です^^

本当に自分の夢を叶えたいのなら、周りにできない理由を探したりしている場合ではなく「どうしたらできるのか?」を考えたほうが有益です。

できる、できないから考えるのではなく、やりたいのか?やりたくないのか?から考えるとさらに自分の思考が整理されると思います。

部活が忙しくて、宿題が多くて、家は集中できない、もう聞き飽きました。。。。

できない理由ではなく、どうやってやるのか?の話を聞きたいです^^

“時は金なり”

言葉と考え方を変えて、人生を豊かにしましょう^^

高校生の皆さん、よろしくお願い申し上げます!

コツコツと頑張って評定平均値が高い人は指定校推薦で関関同立を狙えますね^^ どうしますか?

DSC05319

9月になり、指定校推薦をどうするのか?の季節ですね。

評定が4あるけど大阪市大狙いだから、指定校推薦や公募推薦なんて狙いません! それもよし!

評定が4あるんだし、立命館大学に行けるのなら、学部なんて気にしません! それもよし!(汗)

ちなみに
高2の冬の志望校を高3の大学入試で実際に受ける人は何%?

某大手予備校の情報によると3.8%だそうです(驚) 
さらにその志望校に合格する率は1.6%という低さ。。。。
これが大学受験の現状だそうです。

話は変わり、指定校推薦で有名大学に行っても就活ではデメリットみたいな風評もありますが、それはあまり多くないケースだと思います。

もちろんチェックしている企業もあると思いますが、普通はエントリーシートだけ見ても絶対にわからないですから。。。。(ちなみに付属小・中・高はすぐにわかるので、マイナスになることもあり。。。)

写真は上熊須先生と中山先生が残業して高3生が書いた志望理由書を添削しております。
関西学院大狙いでしたが、やはり指定校推薦で関西大学を狙いにいくとのこと!

考えていた学部とぜんぜん違うというのが、ちょっと「?」ですが、実際のところはそんなもんでしょう。

これからも「志望理由書」みてください!という話が増えてきそうですが、合格に近づくのならどんどん受けていきますので、お気軽にどうぞ。

15分単位で残業代が発生しますが(!)、長期間に渡り通塾してくれている生徒と保護者様のためなら、できることは何でもやります!

誠心館の開校当初の元塾生に会いました! 元氣そうで何よりです^^

DSC05316

先日、あるスーパーで塾の卒業生(女子)にバッタリ会いました。

元塾生「先生、久しぶりー^^ 私のことわかる~?」

塾長「うん。当たり前やん^^ 久しぶりやねー。ところで今何してるの?」

元塾生「私、大学生やで。 すごいやろー(^_-)-☆ 」

塾長「えーっ? あれだけ勉強嫌いや言ってたやん。特に英語は大嫌いやったんちゃうの?」

元塾生「じつは、〇〇大学の外国語学部の英文科やねん。すごくいい大学やでー」

塾長「英文科っ?(驚) ところでどこがいいの?」

元塾生「うちの大学な、英語まったくできへんくても入れるんやで。私でも入れたんやしヽ(^。^)ノ あっ、もちろんテストとか受けてへんでー。小論文と面接はやったけど。。。。。その代わりに学費はかなり高い!っておかんが言っとったわー」(笑)

塾長「(無言)。。。。」

日本には大学と短大合わせて1100校以上あるようですが、多くの人が入りたいと思う大学は約200校+α。そして、半分以上の大学は誰でも入れると言われております(大学関係者の人、言い過ぎですいません。。。。。)

それにしても、彼女の楽しそうな顔をみたら私も元氣になりました!

きっと、彼女みたいな楽天的な性格の子が友達も沢山出来て、いい会社に就職して、いい彼氏と巡り合い、素敵な家族を築くのでしょう^^  

そんなことをふと思いました。

写真は彼女が6年前に描いてくれた絵です^^  
パウチして今でも教室のバックヤードに貼っています。

ちなみに絵にあるメッセージ「自分が選んだ道を進めば、それが、正解!」は彼女が閃いた言葉だそうですが、釈迦が説いた有名な言葉にも似ていますね。  

彼女がさらに自分の好きな道を進みながら、幸せになってくれることをお祈りします^^

荒中、天中、東中の課題テストの結果が返りつつあります。予想以上の点数で満足です^^

DSC05314

塾長「テストどーだった?」

生徒たち「94点!」「91点^^」「95点!(^^)!」「92点ー」・・・・

塾長「(´・ω`・)エッ? 」

いつもは75点で納得していた子も今回の数学は92点(驚)

学校の問題が簡単だったのか?? 今回は全体的にあまりに出来すぎでビビってます(汗)
まぁ、嬉しい悲鳴という表現もありますが、あまりに出来すぎていると「逆にどうなってるの?」という感じです。。。。

もちろん、頑張ったけど横ばいの子、さらに入塾したばかりの子や不登校で学年を遡って復習している子たちもいます。
それぞれの生徒がそれぞれの地点からスタートしており、全員を一括りで評価する気は毛頭ありませんのでご安心を^^

これからも一人ひとりの生徒たちが自分の力で勉強できるようにすること!を指導方針に楽しく優しく頑張ります^^

写真は9月1日の講師たち。

大手有名塾と違い、スーツやネクタイ姿の講師は誰一人としていません。。。。。
それどころかTシャツ・短パンというラフな格好をしていますが、見た目とは裏腹に講師は全員が難関大学の学生たち。
(駿台、研伸館、関西個別指導学院の大手予備校・塾でなく、誠心館を選んでくれてありがとう(^^♪)