ママに誉めてもらいたい^^

DSC02839

子供たちと接していてわかったこと、子供たちの共通点。それはテストの点数が良かったらすぐにママに報告したい=誉めてもらいたいということです!(笑)

 

パパではありません。100%(たぶん)ママです。

子供たちはお小遣いをもらうより、美味しいごはんを食べることより、とにかくママに誉めてもらいたい・・・・・多くの子供たちが思っている事実でしょう。

人間は他の人に認めてもらいたいという欲求があるので、誰々の為にというときには、今まで以上に頑張れるそうです。

なので、子供たちを叱咤激励するのもいいのですが、子供たちの可能性を信じて常に見守ってあげる姿勢の方が何かといい結果を生み出すと言われております。

写真は塾の卒業生が書いてくれた絵です。私が「塾の生徒たちがやる気になる絵を描いてくれる?」と言ったら、「先生、わかった!(^_^)/」と二つ返事で書いてくれた絵です。毎日、お母さんとバトルしていたのに、やっぱりお母さんが大好きでお母さんに誉めてほしいとのこと。

ちなみに彼女は中学2年生の時は100点満点で10点ぐらいだったのに(汗)、中学卒業前ぐらいに35点ぐらいになり、高校生ではなんと60点以上取れるようになりました(驚)

恐るべし「自立学習」。。。。。習慣ができ、脳が「快」になると結果は必ずついてくる。そして勉強はやっぱり自分でやるもんだと痛感しました!

彼女の成長のお蔭で子供達に対する偏見や自分の固定概念が外れました。いろんな可能性を教えてくれた彼女には本当に感謝しております。

そんな彼女も高校2年生になり、今でも時々LINEでやりとりをしております。

ある日のLINEのやりとり。。。。

私「今度、うちの教室に取材でプロのカメラマンが来るからおいで。美人に写真撮ってくれるで^^」

彼女「先生、あのな、うちは元々美人やから、どう撮っても美人に写ってしまうねん。だからブスに撮ることは不可能やねん(笑) でも、せっかくだから先生の顔を見に行くわ^^ 」

私「おおっ(汗) わかった! 待ってるよ^^」

 

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

自分の未来は自分次第

DSC02838

4月26日(土)の夜に高3生と保護者様が入塾手続きをされました。残り1年弱の高校生活をどう過ごすのか?塾でやることと自宅ですることを3人で話し合いました!

何の為に、誰の為に、何をするのか?を考えてほしいと思います。

たくさんある塾の中であまり有名でない(汗)誠心館を発見し、選んで来る確率を考えるとよっぽどのご縁だと思います。

短いお付き合いかもしれませんが、全力でサポートさせていただきたいと存じます。

 

写真は教室に飾ってある小林正観さんのお言葉。 洋の東西を問わず、成功者と言われる方々は全員が同じことをお話しされていますので間違いないでしょう。  自分の言葉には充分に注意したいものです^^

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

中間テストに向けて

DSC02830

4月も残りあとわずか。GWが終われば中間テストが目前です。ということで講師たちと打ち合わせをして、テスト範囲の確認と何をどこまでサポートするのか?を話合いました!

成果・効率重視であれば講師陣がすべて決めた方が楽なのですが、自分で考える、自分でやり遂げる力をつける学習塾を目指しているので、個別に生徒と話合いをして何をどれだけやるのか?自分で決めさせます。

とにかくコミュニケーションの量を増やし、生徒自身が何をどうしたらいいのか?を自分で気づくようにしていくのが誠心館の方針です。

高校・社会人になっても役立つ「自立学習」の習慣を自然と身につくように講師たちと一緒にがんばります^^

写真は中村宏平本部長と中村元幾幹事長のメッセージ。 学習の真理ですね!

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

 

入塾手続き

 

DSC02829昨日は天王寺川中2年生と保護者様が入塾手続きにお越しになられました。

週1回、数学を徹底的にやってほしいとのことなので、とりあえず私が担当して基礎から指導していこうと思います。他の教科は自宅でどうしたらいいのか?を計画ノートをプレゼントして、計画の立て方と書き方、保護者のチェックの仕方、教科毎の学習内容を説明しながら実際に記入してもらいました。

お母さんのために勉強するのではなく、自分のために勉強すること。そこを強く伝えました。

 

塾に週1回行けば勝手に成績が伸びるのではなく、残りの6日間の過ごし方が大事であること。自分が変わらないと何も変わらないこと。少しでも腑に落ちて実践してもらえると嬉しいです^^

写真は休憩コーナーの後ろに掛けてある日めくり。

大ファンである小林正観さんの言葉が綴られています。しかも新・旧バージョン2つも^^

25日は次の言葉です(旧) 3つの不弁  自己のために、「弁解せず」「弁明せず」「弁護」せず。

自分への戒めです。 今日も初心戻り、謙虚に感謝して自分のできることに専念してまいります。

 

 

 

小学生低学年の授業について

DSC02827

小学生低学年のお子さんを何名かお預かりしておりますが、私はこの年齢層の授業が楽しくていつもワクワクしております。 低学年の場合、学校の授業も比較的簡単であり、すぐに追いつけることもあるので準拠ワークで学校と同時進行の授業を意識せず、パズル、積み木、知育教材、絵本、物語の読み聞かせ、パソコンを使った100マス計算や文章読解問題等々、地頭を鍛える授業を採り入れることができるからです。

全国的に評価の高い公文や学研教室はどちらも素晴らしい教材と先生が運営されておりますが、そんな教室でもなんとなく雰囲気が合わない、プリントを自分ひとりで解けないお子さんもおられます。誠心館の場合はそんなお子さんにも一人ひとり対応して自立学習の習慣を身につけさせるようにがんばっております。

生徒が少ないからできる!ということもありますが(汗)、半年で変化が現われ、1年たてば見違えるように成長してくれます^^ その成長を見るのが楽しいし嬉しいわけです。

昨日も昨年の秋に入塾してくれた宝塚のお子さんの保護者様とお話しをする時間がありましたが「集中力がつき、苦手な文章問題を最後まで読んで解けるようになりました。ありがとうございます!」とお礼を言われました。 講師冥利に尽きます^^

今週は小3のKくんの保護者様が入塾手続きをしてくださり5月から週2回来ることになりましたが、半年間は地頭を鍛える内容にしたいと考えております。おっとりしたKくんですが、その個性を生かしながら元気で賢い子になるように育ててまいりますので、ぜひご期待ください。

 

上の写真は小学生低学年の教材の一部ですが、とくに積み木やパズルは空間認知能力が飛躍的に高まるので、ぜひおすすめです(ネットでも安く売ってます^^)

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

体験学習と教育相談

DSC02824

昨日は荒牧中2年生の体験学習と阪神昆陽高校3年生の教育相談をさせていただきました!

中学生には英・数の学力診断テストをしてもらい、その結果をもとに英語は大原先生(甲南大・マネ創)が解説し、数学は中村(宏)先生(阪大院・理)が解説をしました。途中にパソコンでの演習も30分ほど入れました。約3時間の体験学習でしたが、教室の雰囲気や授業の進め方をご理解いただけたと思います。

自分に合うのか?やっていけるのか?も含めて保護者様とよく相談してほしいと思います。

また高校生の教育相談は2時間半のかなり長い懇談になってしまいましたが、卒業後の進路までにやるべきこと、できることを私と生徒と保護者様の3人で整理しました。当教室でお役に立てることであれば一所懸命やらせてもらいますし、無理な内容でしたら辞退させていただきます。よくご検討いただけたらと存じます。

そういえば、昨日も卒業生が伊丹西高校の制服を見せに教室へ遊びに来てくれました!彼女の笑顔をみると私も講師も本当に嬉しくなります^^   また、遊びに来てくださいね^^

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

 

 

伊丹北2年生の体験授業

DSC02820

今日はご近所の伊丹北高の2年生の女子が体験授業に来てくれました。19時~22時まで英語の特訓です。

前半は菱川先生(阪大・外)、後半は中村先生(阪大院・理)が英語のわからないところを丁寧に解説しましたが、満足してもらえたでしょうか?

誠心館の高校の部は塾テキストを使用するのではなく、高校の問題集や教科書を持参してわからないところを中心に解説するスタイルです。余分な時間がない、やりたい勉強だけできるのがメリットです。

今日はたまたま空いていたので1対2の個別指導になりましたが普段は1対4~6の一斉個別指導です。あと2回無料体験があるので、誠心館の勉強の仕方を充分に理解してほしいですね。

ちなみに明日も新たに2件の体験学習の予約が入っており、場合によっては4月の募集は一旦ストップするかもしれません。その場合はすぐにホームページに載せますので、よろしくお願い申し上げます。小学生はまだ大丈夫です^^

今日もブログを読んでいただきありがとうございます!

学習障害(LD)

ネットワーク

塾長が集まるといつも話題になるのが、LDのお子さんの授業です。保護者様が理解している場合もありますし、勉強嫌いだからできないだけと信じている場合もあります。

一番わかりやすいケースとして英単語を書かせてdog がbog になったり、sunday が sunbayと書いてしまう、いわゆる逆さ文字になってしまう子はほぼ間違いないでしょう。

他にもSとCの使い方にも特徴があったり、暗記がまったくできなかったりしますが、そんな場合でも諦めずにコツコツとやることで大きな成長が見られたり、改善があったりする事例が多くあります。

なので、休日には多くの勉強会やセミナーに参加して情報を集めております。

写真は昨日に参加した兵庫県障害児放課後ネットワークの総会の様子です。

ご縁のあった子供たちの将来のためにできる限りのサポートをしたいと考えております。自分で考えて自分で行動できるホンモノの「自立学習」を目指して、頑張りたいと思います^^

 

 

 

 

 

 

 

入塾手続き

DSC02688

昨日は東中のRくんが保護者様と一緒に入塾手続きをしてくださりました。

週3回フリータイムなので、国・数・英をしっかり予習・復習することができます^^

誠心館で自分流の勉強スタイルを見つけてください。5名の講師も他の生徒も仲良しですし、勉強の仕方やノートの取り方も教えてくれます^^ 5月2日(金)お待ちしております!

ご縁のあった子供達には誠心館の教室を充分に活用していただき、勉強の仕方、目標の立て方、勉強する意味、テスト対策、将来の夢、潜在意識の重要性(言葉・口癖)等々を理解してほしいと思います。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございました!

卒業生の保護者様が来てくださりました!

DSC02819

昨日は誠心館卒業生の保護者様が教室にお越しになり、お菓子の差し入れをしてくださりました!

保護者様とは久しぶりにお話しをさせていただきましたが、本当に感謝の言葉しかありません。<(_ _)>

どこまでお役に立てたのか?指導方法、接し方はそれでよかったのか?と自問自答しながら、約2年半における在籍中のTさんの姿を思い出してみました。

 

 

過去の出来事に関しては現在の立ち位置で変わると言われております。 現状が満足できていれば、過去は今の為にあった!と肯定できますし、現状が不満足の場合は、あの時にこうすればよかった!と否定してしまいます。

なので、事実は一つですが解釈は無数であり、それは「いま、ここ」の自分次第だということがわかります。

卒業生がいつでも気軽に立ち寄れる教室であり続けたいと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます!