設計・製図の授業は楽しいですね。しっかりと身につけたいと思います!

ロケット画像

こんにちは。講師の中山です。

3回生になり、今までの比にならないくらいの量の課題に追われています。

今回は、その中でも私が一番学びたかった「設計・製図」という授業について書きたいと思います。
名前のとおり、モノを設計する授業ですが、私の最初のイメージでは、紙に手書きで2次元的な図を描くだけだろうと想像しておりましたが、実際はCADというソフトを用いて、パソコンで3次元的な設計を行います。

最近やった授業では、おもちゃのマジックハンドを分解し、部品に分けて長さを計測して製図をしました。製図をするといっても、バラバラにした部品を無作為に並べて書くわけではなく、マジックハンドを使用する上で重要となる部品から順に書かなければなりません。

マジックハンドで言えば、モノを掴む部品が一番重要と言えます。
また、自分が製図した用紙を他の人に見てもらいながら、CADで3次元的に復元するたえ、他人が見て分かるようにきれいに絵を描く必要があります。

あまり絵をかくのは得意ではないし、CADというソフトにも慣れず大変ではありますが、大学でずっとやりたかったことなので、しっかり学んで身につけたいと思っています。

久しぶりにフットサルをしたら、内臓が破裂しそうでした。。。やっぱり運動は大事ですね^^;

69620c3cf4c10e96154f18b95449c7a0

こんにちは。講師の今井です。

毎年言っているような気がしますが、今年も暑いですね。。。。
大学に入ってから運動する機会も減り、体力の衰えを感じています。というのも、今年になって、人生初めての夏バテになりました。。。。

定期的に運動することはやはり大切ですねー

最近、友達に誘われてフットサルの大会に参加しました。1年ぶりの激しい運動とウォーミングアップどころかストレッチすらしないで、いきなり試合をしたせいもあって開始3分でバテるというより、あらゆる内臓が痛くなりました・・・・

頭のイメージだけは現役のままだったのですが、体はそうはいきません。。

私たちのチームはほとんどが久しぶりに運動したということもあり、結果は負けてしまいましたが、体を動かすというのは楽しかったです。

それと同時に今後、このまま運動しないと将来の自分はどうなってしまうのだろう?と不安もよぎりました。。。

運動不足からと思っている方は軽い運動からでも始めてみていかがでしょうか?

大阪府立大学のボート部に入っています。マイナーなスポーツですが、やりがいは大きいですよ(^o^)/

!

講師の櫻井です。

初めて講師アナザーブログというものを書かせていただきます。

自分の大学生活について話すということで、私の所属している部活について話したいと思います。

私は大阪府立大学という大学に、毎日約1時間40分かけて通っています。

大阪府立大学には部活もサークルもたくさんあり、生徒数も多いので活動も活発です。

私は高校まではずっとサッカーをしていたのですが、「大学では何か違うことをしたい!」と思い、ボート部(漕艇部)、という部活に入りました。

ボート部の練習は実際に海にボート―漕ぎに行ったり、筋力や体幹をトレーニングしたりなど、かなりハードですが、その分やりがいのある競技であると思っています。

これから夏休みに入って、練習も厳しくなってきますが、頑張りたいと思います。

ボートはマイナースポーツなので良く知らない人が多いと思います。

ボートの試合はどういったものかというと、1000mや2000mの直線距離をひたすら漕いで、そのタイムを競うというものです。絵面は地味なのですが、プレーヤーはかなりしんどいです。ただ試合に勝って初めてボートの素晴らしさがわかる。

それがこの部活の醍醐味であると思っています。レースに出場するにはそれ相応の練習が必要になってくるので、しんどい練習を乗り越えて、チームに貢献できる存在になりたいと思っています。

みなさんもぜひボートに興味を持ってみてください!

自動車の仮免許目指してがんばってます(^o^)/

imagesEV5ZVW96

こんにちは。講師の西岡です。

今、私は自動車の運転免許の講習に通っています^^

いつも車に乗せてもらう側だったので、普段感じることのないような恐怖にビビりまくりです(笑)

とくに怖いのはスピードで時速40キロが運転者の立場になるととても速く感じます。

早く慣れて、仮免許が取れるようにがんばります❢

関西圏内で農学部があるのは京都大学と神戸大学のみです^^

images

今日は神戸大学農学部が持つ、付属農場についてお話したいと思います。

実は、大学に農学部を作るためには、付属農場を大学に持つことが必要です。

そのため、このあたりの国公立で農学部があるのは、京都大と神戸大のみです。

農場が設立のネックになっているのですね。

 

うちの大学の農場は、兵庫県の加西市にあり、甲子園球場31個分の広さを

誇っています。ちなみに名前は農場ではなく、神戸大学大学院農学研究科付属

食資源教育研究センターという名前で、研究室もあります。

 

農場では神戸牛や、玉ねぎ、米、なし、ブドウなどを育てており、

神戸大ブランドとして色々な所で販売しています。

農学部というと、農場で農作業!というイメージが強いかもしれませんが、

農場で育てた作物の遺伝子を解析して、新たな遺伝子を見つけ出したり、

することに重きが置かれていて、あまり本気で農作業することはありません。

来週からは農場実習。23日で農場に泊まり込み、農作業をします。

クラスの合宿みたいな感じで、楽しみです!

また、神戸大ブランドの農産物を見つけた時は買ってみてくださいね!

国際会議に採択されることが大学院生の目標の一つです!

osakaunivlogo[1]

講師の上熊須です。

講師になってもう3年が経とうとしています。
自分も無事大学を卒業し、現在大学院に所属しています。
今日はその大学院での生活について話したいと思います。

大学院といっても、実は大学とあまり変わりません。
大学と同じように授業もあります。
大学院1年の間にとり終えておかないと就職活動に影響が出るのでまじめに単位を取らないといけないのも大学と同じです。

研究室も大学4年生の時とさほど変わらず、自分は週に数回あるミーティングに出ないといけません。

では大学と大学院は何が違うのかというと、大学院は研究の結果を求められるという点です。
研究結果を示すためには、論文を書く必要があります。

全国大会、研究会、国際会議などの様々な場所で発表することによって、自分の研究の価値を示すことができます。
そのうえ国際会議などでは、査読というものがあります。

査読とは、論文誌に投稿された論文、研究をその研究に関わりのある先生が評価するもので、この査読の点数に応じて論文が採択されるかどうかが決まります。

採択されて初めて発表ができるので、国際会議で発表することは相当のステータスになります。
この国際会議に採択されることが大学院生の目標の一つです。

自分も国際会議に出せるように研究を続けています。出来れば就職活動が始まる前に採択されたいですね。

春休みに母と二人で山形県に温泉旅行に行きました!

images

こんばんは、講師の伊東です。

少し前の話になるのですが、春休みに母親と山形に旅行に行ったので、その時の話をします。母親とは以前2人で小豆島に行ったので、今回は2回目の旅行だったのですが、いろんなことがありました。笑

まず今回の目的は温泉巡りと観光だったので、着いて早々マップ片手にきれいな湖や小路を散歩しようと出かけたのですが…雪国をなめてました…。今年は例年よりも雪が残っていてどこに行くにしても雪で道が閉ざされていて、どこも見に行けず…笑

ほんとにどこも行けなかったので、さっそく温泉街の方に移動して、温泉を楽しみました。笑
街のいたるところから湯けむりがあふれていて、雪景色の中の温泉は本当に気持ちよかったです(^^♪
温泉を巡りながら途中でこけしの絵付け体験もしました!私は悲しいくらいに絵心が無いので簡単な絵で済ませましたが(笑)、とってもかわいいこけしもたくさんいました。

雪でどこにも行けず、することが無くなってしまったので、2日目は予定にはなかったスキーをすることに。何の道具も持ってきてないし、なにより5,6年ぶりのスキーだったのでかなり不安でしたが、少し滑ると感覚を思い出せました。

でも結局すぐに疲れてしまって4時間ほどで終わり、また温泉につかって帰ってきました(笑)

兵庫県とは比にならないくらい寒かったですが、ジンギスカン、おそば、ラフランスアイス、玉こんにゃく、山形牛、稲花餅などおいしいものもたくさん食べられたので、大満足の旅行でした(^^)/

研究室に配属されたのでもう長期休暇は基本的にありませんが、隙間時間でまた旅行に行きたいなぁと持っています(*’▽’)

大学には履修登録があります。ドキドキしたましたー

f0116479_2251994

こんにちは。講師の西岡です。

4月の私について書いてみます。
大学には自分の受けたい授業を申請する履修登録というものがあります。
今までにやったことがないことなので、とてもドキドキしました。

また、一授業分の空き時間が存在していたり、何と言ってもレポート課題!!

あぁ、大学生になったんだなぁーと日々感じております(県立伊丹高卒業後は1年間、駿台予備校に行ってました!)

早く大学生のリズムに慣れたいです。

あと、伊東先生が同じ神戸大学医学部の保健なので、いろいろ教えてもらえそうで期待しております。伊東先生、よろしくお願い申し上げます <(_ _)>

北海道で人生初のスノボを経験しました^^

images6NMYPS5T

講師の今井です。

ついに大学生の長い春休みが終わり、学校が始まりました。今までの春休みはとても短くたいそうなことは何もできなかったのですが、今年は約一か月もありいろいろなことが出来ました。その中でも一番印象に残っているのは北海道に行ったことです。

三月の終盤に大学の友達と北海道に行ってきました(二回目)。今回の旅行では観光は捨ててすべてをスノボに捧げました。もう春になるという時期で雪がまだ積もっているか不安でしたが、さすがは北海道。ふかふかの雪がまだ残っていました。人生初のサラサラな雪で地元のごくまれに積もる雪との差をすごく感じました。

スノボは未経験だったので友達にコツを教えてもらいながらも、なんとか滑ることが出来ました。初日は何事もなくかなり痛いぐらいで済んだのですが、二日目の最終日には起きると全身の普段は使わないようなところが筋肉痛になりました。

そのせいか一発目の挑戦で派手に頭から転びそのままダウンしてしまいました。スノボの難しさ以上に自分の才能のなさに驚きました。そのときはこんなもの二度とするかと思いましたが、今となっては来年また挑戦したいと思っています。悲惨な結果ではありましたがとても楽しかったです。

もう一つ驚いたことと言えば、帰りの空港の搭乗口でおなじ誠心館塾講師の並木先生とばったり出会ったことです。

まさかこの遠く離れた北海道で知り合いに会うとは思いませんので、見間違えたかと疑ったぐらいです。
今度の長期休暇はゴールデンウイークまでお預けですが、それまで学校生活を共に頑張りましょう。

大阪大学人間科学部の紹介をさせていただきます!

無題

こんにちは。講師の武部です。

今回は私が4月から所属予定の人間科学部について話したいと思います。

「人間科学部って何を勉強するの?」とよく聞かれるのですが・・・・・・
簡単に言うと人間についてあらゆる側面から総合的に学び、人間についての理解を深めることを目的とした学部です(公式HPより)

文系のような学部名ですが、学科によっては学ぶ対象が異なるので、文系の分野もあれば理科系の分野もあります。
学科は4つあり、2年生になると、行動学科目・社会学科目・教育学科目・共生学科目のどこかに所属します。それぞれの学科目の中にとてもたくさんの研究室があり、例えば同じ行動学科目の中でも基礎心理学や比較発達心理学、臨床死生学・老年行動学や行動統計学などなど・・・・

ここには書ききれないほど様々な研究室があります。

前述したように、文系とも理系とも言い切ることができないので、文系でも理系でも受験できます!
気になる人は一度、ホームページをチェックしてみてくださいね。

もちろん私にも気軽に何でも聞いてください^^

DSC05036