大阪府立大学のボート部に入っています。マイナーなスポーツですが、やりがいは大きいですよ(^o^)/

!

講師の櫻井です。

初めて講師アナザーブログというものを書かせていただきます。

自分の大学生活について話すということで、私の所属している部活について話したいと思います。

私は大阪府立大学という大学に、毎日約1時間40分かけて通っています。

大阪府立大学には部活もサークルもたくさんあり、生徒数も多いので活動も活発です。

私は高校まではずっとサッカーをしていたのですが、「大学では何か違うことをしたい!」と思い、ボート部(漕艇部)、という部活に入りました。

ボート部の練習は実際に海にボート―漕ぎに行ったり、筋力や体幹をトレーニングしたりなど、かなりハードですが、その分やりがいのある競技であると思っています。

これから夏休みに入って、練習も厳しくなってきますが、頑張りたいと思います。

ボートはマイナースポーツなので良く知らない人が多いと思います。

ボートの試合はどういったものかというと、1000mや2000mの直線距離をひたすら漕いで、そのタイムを競うというものです。絵面は地味なのですが、プレーヤーはかなりしんどいです。ただ試合に勝って初めてボートの素晴らしさがわかる。

それがこの部活の醍醐味であると思っています。レースに出場するにはそれ相応の練習が必要になってくるので、しんどい練習を乗り越えて、チームに貢献できる存在になりたいと思っています。

みなさんもぜひボートに興味を持ってみてください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *