大阪大学人間科学部の紹介をさせていただきます!

無題

こんにちは。講師の武部です。

今回は私が4月から所属予定の人間科学部について話したいと思います。

「人間科学部って何を勉強するの?」とよく聞かれるのですが・・・・・・
簡単に言うと人間についてあらゆる側面から総合的に学び、人間についての理解を深めることを目的とした学部です(公式HPより)

文系のような学部名ですが、学科によっては学ぶ対象が異なるので、文系の分野もあれば理科系の分野もあります。
学科は4つあり、2年生になると、行動学科目・社会学科目・教育学科目・共生学科目のどこかに所属します。それぞれの学科目の中にとてもたくさんの研究室があり、例えば同じ行動学科目の中でも基礎心理学や比較発達心理学、臨床死生学・老年行動学や行動統計学などなど・・・・

ここには書ききれないほど様々な研究室があります。

前述したように、文系とも理系とも言い切ることができないので、文系でも理系でも受験できます!
気になる人は一度、ホームページをチェックしてみてくださいね。

もちろん私にも気軽に何でも聞いてください^^

DSC05036

サークルの設立と苦悩(もっと勉強しなければ。。。)

DSC05043

 

こんにちは、講師の阿部です。

だいぶ前に、農業ボランティアサークルAGLOCを立ち上げ代表をしているという話をさせていただきましたが、今日はその続きの話をしたいと思います。

前書いたときは15人しかいなかったメンバーも、今では26人に増え、農林水産省主催のプレゼン大会にも出場させていただくなど、充実した日々を送っていました。 

ただ、最近、ある意味嬉しい悲鳴ですが、メンバーが増え、企業からの合同プロジェクトのお話、補助金のお話、他団体とのコラボの話を沢山頂いて、運営メンバー、勿論僕も毎日てんやわんやしています。

 僕の就職希望先は国家公務員で、菱川さんと大体同じです。本当は猛勉強しないといけないのですが、いろいろな事務作業に追われ、あまり出来ていないのが現状です。

試験区分が農学、農業科学なので、ボランティアしている時の作業がそのまま問題に出たりするのが唯一の救いです。

ダメですね。本当。勉強しなければ(^▽^;)

大阪府立大学のB4棟にはボーイング767のエンジンが展示してあります!

90e565a2

こんにちは。講師の中山です。

私は大阪府立大学の航空宇宙工学過程に所属しています。

大学では2年間を過ごし、大学には高校にはない様々な設備があるとことに気づきました。
例えば、波の流速を計るための実験用プールやドラマに出てくるような町工場にありそうな機械もあります。

その中でも、私が一番驚いたのは航空宇宙工学過程の学生が出入りする建物内に航空機に実際使用されているジェットエンジンが展示されていることです。

博物館のように実物とそのジェットエンジンに関する資料や内部構造の図が展示されており、航空機マニアにとっては興奮ものだと思います。

また、今年の2月には日本航空からボーイング767型機で実際に使用されていたジェットエンジンを新にいただき、学内のB4棟玄関前に常設されるようになりました。

私も実際に見に行ったのですが、直径2.5メートルと予想以上に大きくて驚きました。

なかなか間近で見られるようなものではないので、見たいという方は是非、大阪府立大学B4棟まで見に行ってください!

参考までに写真は大阪府立大学のFacebook 2月14日更新の記事にあります。

(写真はボーイング767のエンジンの大きさをみてもらうためにアップしました。府大にあるエンジンとは別モノです)