不登校の子供の支援をするボランティア活動をしています^^

DSC05036

 

こんにちは。講師の武部です。

今日は私が行っているボランティア活動についてお話したいと思います。
私は大学1年の冬から不登校の子どもを支援するボランティア活動を行っています。

「支援」と言うと大げさですが、友人でもなく教師でもなく「ナナメの関係」として主に学校に行きづらい子供たちと話したり遊んだりしています。

子供たちと関わっていると、はたして自分がこの子の年齢の時にこんなに多くのことを真剣に考えていただろうか?と思うほどに、子供たちの“大人らしい面”に驚かされることがあります。

家庭のこと、学校での勉強、受験勉強、学校の人間関係、部活での人間関係・・・・・・などなど、沢山のことに囲まれていて、心身ともに忙しく大変だろうと思います。

これからも色々な活動を通して、子供たちの力になれたらと思っています。

ジャグリングのサークルに入っています。楽しいですよ^^

無題

講師の田中です。

今回は私の所属するサークルについて話そうと思います。

大学にはメジャーなものからマイナーなものまで数多くのサークルがあるのですが、私はその中でもジャグリングサークルに入りました!

ジャグリングというと、ボールやボーリングのピンのようなものをたくさん投げているイメージがあるかもしれませんが、ディア、ボロ、デビルスティック、ポイ、それ以外にもたくさんの道具があります。

ちなみに私はデビルスティックという道具をメインに練習しています^^

ジャグリングのいいところは設備がいらないため、いつでもどこでも道具さえあれば楽しむことができます。

また、「何か面白いことやって!」という無茶ぶりにも対応できるいう点もいいですね(笑)

活動目標は人それぞれですが、大きなものとしては大会と学園祭があります。
サークルのメンバーはそこでいい演技ができるように日々練習をしております。

ジャグリングは練習すればするほど上手になるのでやりがいがあり、大会で良い成績だったり学園祭で誉めれもらえた時、昔できなかった技ができるようになった時などは本当に楽しくて嬉しいですね。

皆さんも大学に入ったら自分に合ったサークルをじっくり探してみてください。
自分のやりたいことができるサークルがきっとみつかります。

また、この話を聞いてジャグリングに興味を持ってくれた人はぜひ一度、ジャグリングの動画をみてください。面白いですよー (^O^)/

ユーチューブ動画

大阪大学ジャグリングサークルPatio まちかね祭