大阪大学外国語学部は25の言語と文化を学ぶことができる環境が整っています!

sfs-top02
講師の飛田です。
このブログは主に私生活について書くということなので、今回は私が所属する大阪大学外国語学部についてお話したいと思います。

大阪大学外国語学部は2008年に大阪外国語大学と合併して新設された学部であり、専攻言語が中国語、朝鮮語、モンゴル語、インドネシア語、フィリピン語、タイ語、ベトナム語、ビルマ語、ヒンディー語、ウルドゥー語、アラビア語、ペルシャ語、トルコ語、スワヒリ語、ロシア語、ハンガリー語、デンマーク語、スウェーデン語、ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、日本語の全部で25の言語に分けられています。

私はその中でも中国語専攻に属していて大学では毎日中国語を学んでいます。

中国語専攻では中国の大学から中国人の教授を招き、その方などに授業をしていただいています。中には日本語をまったく話せない教授もいるので、現在は授業についていくのがやっとという状態です^^;

大阪大学は世界の様々な国に協定校があるため外国語学部からも毎年多くの学生が留学していきます。
このように外国語学部にはたくさんの国の様々な文化に触れながら勉強する環境がすべて整っており、世界で活躍することを考えている人には最適であるといえます。

世界、外国語に興味のある人は詳しく説明しますので、気軽に質問してください^^