集中するには15分の仮眠が最適だと思います。一度、チャレンジしてみませんか?

DSC05263

こんにちは。講師の中山です。

突然ですが、今回は「部活と勉強の両立について」書きたいと思います。

私は中学・高校を通じて、バスケ部に所属しておりました。部活から帰るといつもクタクタで、時々宿題をやらずにそのまま寝てしまうこともありました。

そんな私も、高校2年の秋から塾へ通うようになり、部活が終わると塾へ行き、授業を受ける、もしくは自習するという生活に変わりました。

それまでは、部活が終われば、家に帰ってすぐ寝てしまうということが多かったのですが、塾に行くようになり、長時間寝るという選択肢が無くなったためか、勉強に集中できるようになりました。

時々、眠たくなることもありましたが、15分間だけ寝ると決めれば、ピッタリ15分寝て起きるとスッキリした頭で勉強に切り変えられるようになりました。

実際に15分の仮眠は脳に最適な仮眠時間らしく、どうしても眠たくて集中できないという人には、15分仮眠はオススメです^^

まとめると、部活後は体が疲れていて、眠たいと思いますが、寝るという選択肢を無くせる場所として塾の自習室や図書館なとで勉強し、どうしても眠たいときは15分仮眠なと、時間を決めて仮眠し頭をリセットすれば、勉強に集中できると思います。

ただ、本当に疲れているときは別です。
そんな時は体を休ませることも大事なので、しっかり寝るようにしてください!

勉強以外の質問でも気軽にしてくださいね^^

できるだけ役に立つアドバイスをしたいと思います。

暑さと戦う夏のシーズン。この期間に頑張った生徒だけが成績アップします。一生懸命サポートするので、悔いのない時間を過ごしましょう^^

DSC05263

 

こんにちは、講師の今井です。

新年度から4ヶ月過ぎて、最近はますます暑くなってきました。誠心館もクーラーなしでは勉強に集中できないようになってきました。

教室の中はクーラーのありがたみを感じるようになっただけで特に変わったところはないのですが、4月から新しく入ってきた生徒も増え、教室の様子は大きく変わったなと感じます。

新しい生徒はもちろんのこと、以前からいる生徒も担当する講師が変更になったケースも多く、最初は少し硬いように感じていました。しかし、もう慣れてきたのかリラックスして勉強に集中できるようになりました。講師としても、生徒の特長や苦手なところ、あるいは得意なところが分かるようになり、授業がスムーズに進んでいます。それらのおかげもあってか勉強に対して前向きにとらえ、次のテストではどれくらいとるか具体的に考えている生徒が増えています。

また、今学期は修学旅行やトライやるウイーク、林間学校などの行事が多く慌ただしく過ぎていきましたが7月になってようやく落ち着いてきました。

それと五月病で集中力が途切れて、その後低迷する子もいるのではないかという心配もありましたが、私が五月病から抜け出すのに苦労したのと違って、生徒たちは何事もありませんでした。その若さあふれる元気に、私も年がそこまで離れていないのにもかかわらず、見習わなければならないと思わされました。

もうすぐ夏休み。7月と8月は暑さと戦う2か月になるとは思いますが、気を緩めずに頑張りましょう。