誠心館の講師になって1ヶ月が経ちました^^

DSC05153

こんにちは。講師の西岡です。

私が誠心館の講師になって1ヶ月が経ちました。
この1ヶ月かんに何人かの生徒を見ましたが、生徒一人ひとりに個性があり、それぞれの考え方が違うので、適切な指導をすることの難しさを実感しました

しかし、生徒が納得した顏をしてくれると、とても嬉しいです^^
これが今の私の

モチベーションです。

さて、皆さん新しい環境には慣れましたでしょうか?

体調を崩すことなく自分のペースを作ってください。
五月病にも気をつけて(笑)

勉強以外のことでも相談にのりますので、何でも聞いてくださいねー

公式の覚え方や計算量を少なくするテクニックを紹介しています!

dsc04753

こんにちは。講師の田中です。

私は今、高校生と中学生に理系科目メインに教えています^^

中学生から高校生になると、当然ですが勉強の内容も難しくなります。数学の場合なら、公式や計算の量が多くなり、またその1つ1つが複雑になっていきます。

そこで、私は生徒が高校生の時は公式の覚え方や計算量を少なくするテクニックを紹介するようにしています。もちろん人によっては、教科書のやり方の方がいいという人もいますが、有難いことに「この方法の方がわかりやすい!」と言ってもらえることも多いです。

高校生になり勉強の内容は難しくなりますが、理解できた時の喜びもその分大きくなると思うので、生徒に「勉強がわかって楽しい」と思ってもらえるように、これからも頑張っていきます^^

誠心館で働き始めて2年半経ちました^^ 日々、勉強です♪

DSC04981

みなさんこんばんは、講師の伊東です。お久しぶりです!

4月に入って随分と温かくなりましたね。進級した人も、新しい学校に進学した人も環境が変わってドキドキワクワクしている頃でしょうか(^^♪

私は誠心館で講師をし始めてから約2年半たちました。誠心館で働き始める前は家庭教師をしたり1対2の個別指導塾で働いていたのですが、誠心館では教えるスタイルも授業の進め方もほかの塾とは全く異なるので、その構成に悩むこともありますが、そのぶん学ぶことも多くあります。

誠心館の授業を通して思うのは、やはり学校の授業が第一だということです。学校には毎日通っていますが、誠心館の授業は多くの生徒が週に1回、多くても2~3回程度です。

誠心館の授業内でガツガツ詰め込んで勉強するよりも、やはり学校の授業内できちんと理解して宿題もこなしてテストを受けるというサイクルが一番効率の良い勉強方法だと私は思います。

しかし学校の授業だけでは理解しきれない部分や触れられない範囲がどうしても発生してしまうので、そこをサポートしてあげるのが誠心館の講師の役割だと考えています。

生徒から「誠心館は宿題の量が少ないから嬉しい」という声を聞く事が良くありますが(笑)、私はあくまでも上記で述べたように学校のサポートするのが役割だと思っているので、学校の授業や宿題、部活に支障が出るような量の宿題はほとんど出すことはありません。

だからこそ出来るだけ授業の密度を濃いものにするためには生徒のみなさんの協力が必要で、あらかじめやりたい範囲を決めたり、自分が理解できてない所を事前に把握していてもらえると、とても助かります!

学年が上がって新たに学ぶことはたくさんありますが、みなさんがスムーズに理解できるように一緒に頑張っていきましょう(^^)/

指導者を指導するということ

DSC05028

こんにちは、講師の阿部です。

今日は新しく入ってきた講師の方に何を伝えているかを書こうと思います。
というのも、時が経つのは早いもので、私も誠心館で講師を始めて三年目。最近は、時々新しい講師の方の研修を行っています。

けれども、立場上対等である講師を指導するというのは、生徒を指導するより、ある意味では難しいです。

相手には相手のプライドと指導理念があり、勿論私にもそれらは存在します。

これは、容易に変えられるものではないことも、この数年で学んできました。

尊敬している先生、自分の勉強方法、それぞれが歩んできた道のりに影響され、無意識のうちに、理想の指導者像というのが、我々の頭の中にあるからです。

そのため、私は、できるだけ自分の指導スタイルを相手には押しつけないようにしています。人の指導法は一例に過ぎないですし、ベストな指導法というのは生徒さんと講師の関係性や適性によって千差万別です。

さて、新年度となり、新しい講師の皆さんも誠心館に入ってこられる時期となりました。

新講師の方々には、自分だけの新しい指導法を発見し、誠心館に新しい風を吹かせて頂ければと思っています。