イギリスEU離脱の日本への影響

DSC04557

6/24、イギリスにおいて国民投票が行われ、イギリスのEU離脱が確定的なものとなりました。
今日はこの話題と社会の学習を織り交ぜて少しお話ししたい思います。皆さんは、このことを遠い海の彼方で起こった関係のない出来事であると思ってはいませんか?

そう思っているなら大間違いです。実際6/23には急激な円高が進み市場は大きく変動しました。これからじわじわとこの影響が物価に、また経済に波及していくことでしょう。

では、なぜこれが社会とつながるのか、 ここからが重要です。

皆さんの多くは、中学校の社会でEUについて習いましたよね。大まかに言うと、ヨーロッパを共同国家のようにしてしまおうという物です。
しかし、もうこの夢は潰えたも同然です。イギリスは今のEUには決して戻ることはないでしょう。また、高校で世界史を習ってきた人ならヨーロッパ統一失敗の歴史、歴史は繰り返すことが見えるでしょうし現代社会を習った人なら、これが為替に与える影響が分かるでしょう。

このように社会という教科は、今起こっていることを知り、未来を予測するのに非常に役立ちます。何も考えずに生きているときっと将来損をします。 さあ、皆さん、自分のため、家族のため世界のために社会を学びましょう。

テストの復習の方法

DSC04431

こんにちは。講師の並木です。

多くの学校で中間試験が終わり、授業でテストの復習を行うことが多くなってきました。
ここで効果的なテストの復習の方法をお伝えしたいと思います。

まずは間違えた問題をもう1度解いてみることです。
そこで、合っていたら計算ミス、もしくは覚えていたがど忘れしたということで、復習の優先順位は低くなります。もし、間違えたりわからなかったら、そこを質問してもらうことで復習の効率はぐっと高まります。

また、復習に力を入れたい人は、テスト結果を考察することをおすすめします。なぜ、この科目は点が良くて、この科目は悪かったのか?
その原因に応じて、復習・反省すると次回のテスト、ひいては受験に効果的になります。

ぜひ、テストは受けっぱなしにせず、よく復習してほしいと思います^^