五感を使って覚えよう!

DSC03609

 

こんにちは!講師の丸野です。

今回は皆の嫌いな暗記について話したいと思います。

皆さん暗記をどのようにしてますか?
人それぞれ覚えやすい暗記方法はあるでしょうが今回は僕がおすすめする暗記のコツを教えたいと思います。
それは「五感を使って覚える」です!

皆さんテスト前にベッドでゴロゴロしながらぼんやりと教科書を眺めていませんか?それじゃあ全然頭に入ってきませんよ!

五感を使って覚えるというものは聴覚、触覚、視覚、嗅覚、味覚を駆使して覚えるということです。
実際使う感覚が多ければ多いほど記憶に定着しやすいそうです。

例えば英単語を覚える時にベッドでゴロゴロしながらぼんやりと教科書を眺めるというやり方では使う感覚は視覚のみです。
これを英単語を声を出しながら紙に書いて覚えるという勉強法にするとどうでしょうか?

まず視覚はもちろん、書くので触覚が働き、発音を行うので聴覚も刺激されます。こちらの勉強の方が使う感覚機能が多い分定着しやすいのです。

皆さんも五感をフルに活用してどんどん暗記していきましょう!!

受験に向けて頑張る^^

DSC03908

みなさん、こんにちは☆ 講師の伊東です。

中学生の皆さんはもう中間テストが終わりましたね!
何度も言っていますが、大切なのは復習です。

学校でテスト直しの課題が出されていない人も必ず直しはしましょう!高校生のみなさんもテストが始まりましたね。少しでも良い点を取れるように塾で分からない所をなくしていきましょう。

さて定期テストも大事ですが、入試の季節も近づいてきました。
10月から中3受験生を対象として入試対策講座を行っています。中1の内容から復習しているので量も多くかなりタイトなスケジュールですが、みんな頑張ってくれています。

私も受験生の時に勉強する気が起きなかった時もありましたが「受験生の時ぐらい勉強頑張ろう!」と奮い立たせてやっていました。

あと、私は一人で勉強するよりも質問できる人や相談しながらできる人がいる環境の方がはかどったので、塾や学校に残ってやっていました。

自分のやりやすい環境を整えて、受験対策を行っていきましょう。

暗記科目の認識と勉強方法

DSC03486

こんにちは。講師の中村元幾です。

みなさんは暗記科目をどのように勉強されていましたか。もちろん「暗記」をするべきなのですから自分の得意な方法で覚えることも大事なことです。
しかしながら、暗記科目もある理屈によって形作られた1つの学問であるという認識で考えた場合、単に覚えるというよりは筋道立てて覚えるべきだと思います。
そのためには教科書をしっかり読解することが大事です。教科書には「なぜそうなるか」「どうしてこういう結論に至るか」といった内容がしっかりと書かれています。

つまり重要な語句とその意味だけを覚えていくだけではなく、その語句がその前後の語句とどういう関係になるかをもっと意識する必要があります。
私は中学生の時、理科や社会の勉強をする際には重要な語句を隠したり何回も書いたりして覚えるのではなく、逆に重要な語句のみをノートに書き出して、前後の文を頭の中で補完しつつ物語や理屈を作成するという勉強方法をとっていました。

この方が頭の中でストーリーに沿って語句を意識できるために覚えやすいですし、何より「なぜそうなるか」ということをより明確に覚えることが出来ました。理想は教科書を要約した内容を暗唱できることです。

高校、大学と進学するにつれどんな分野であっても暗記だけでは対応できなくなります。中学生の段階から理屈になぞらえて記憶する癖をつけることが必要だと思います。

講師としてやっていること

DSC03712

こんにちは、上熊須です。
今回は自分が講師として心がけていることを話したいと思います。
自分は可能な限り、生徒に教える時も答え合わせをする時も解答は見ません。

もちろん紙に書いている時間もないですから計算もほぼ暗算でします。
しかしそうすることによって、自分で意識して勉強せずとも中高の範囲の復習ができます。
大学に入ってからも、中高の勉強は必要となります。しかし当たり前ですが中高の範囲の復習は授業でやってくれません。全て自分で復習する必要があります。
決して授業とは生徒だけが学ぶものではありません。教師も教えながら学んでいくものだと考えています。

講師をしていて感じること

DSC03380

 

こんにちは!講師の丸野です。

今回は誠心館の講師のやりがいについて話したいと思います(塾長から講師希望者に向けて何か発信してほしいと頼まれました(笑))

僕が考える講師の目線からみた誠心館のいいところは「圧倒的な自由さ」です。

いい意味で決められたルールやしきたりというものがないので自分で塾をつくっていけるところがすごく楽しいです。大手のように白衣やスーツも着る必要もありません(笑)
僕は今まで牛丼屋さんやカフェ、またスイミングスクールのコーチといった様々なアルバイトを経験してきました。しかし、どこも上が決めたルールは絶対で意見を言える雰囲気ではありませんでした。それに比べて誠心館は塾長や講師陣との距離が近くとても意見を言いやすい環境なので楽しく過ごすことができています。

また授業では生徒に勉強を教えているわけですが逆に生徒に教えられる・気づかされることも多々あります。
問題を解いているとき「こんな発想の仕方もあるんだ!」や「このように説明すればわかってもらえるんだ!」など新しい発見をすることができ僕自身の勉強にもなっていることはやりがいの一つでもあります。

様々なやりがいが誠心館にはありますが中でも一番のやりがいは生徒が解けなかった問題が解けるようになったり定期テストの点数が上がった時ですね。
その時の生徒の喜んでいる顔を見ると塾講師をしていてよかったなと思います。

気づけば僕の講師生活も半年を切ったわけですがこれからも精一杯頑張りますので皆さんよろしくお願いします。

偏見をなくそう。

DSC03670

 

こんにちは! 講師の阿部です。
今回は前回に引き続き、国際交流について話したいと思います。
というのも、先週1週間をフィリピンで過ごしていたので、(ご迷惑お掛けしました…)
その体験も交えて書きたいと思います。
さて、フィリピンについてですが、皆さんはどんなイメージがあるでしょう?
バナナ、南国といったイメージから、窃盗、誘拐といった恐ろしい面まで様々なイメージを持っているかと思います。
それは、マスコミやインターネットによって与えられた情報であり、一面の事実でもあります。
しかし、本当にそれだけでしょうか? 南の方にある恐ろしい国、フィリピン。
東南アジアで最も治安の悪い国、フィリピン。この国はそれ以上の何者でもないのでしょうか?
私はそうは思いませんでした。確かにこの1週間、身の危険を感じたことは多々ありましたが、 自分のことを親身になって助けてくれる、宿のおばさん。困っていたらすぐに助けに来てくれる現地の人。
私は感じた不安よりもはるかに多くの暖かさを現地の方々に貰いました。

以上のことが、私のフィリピンでのお話であるわけですが、こんな話は正直どうでも良いのです。
ここから私が伝えたい事、ここからが重要です。
それは、「見たことも行ったこともない国の人間を、盲目的に批判するのはやめろ。」ということです。
我々日本人は、特に近年はそうですが、近隣諸国を批判して生きてきました。(お互い様ではありますが、)
しかし、皆さんの多くはそれらの国の人と話したこともないでしょうし、その国に行ったこともないでしょう。
そんな中、お互いを知らぬ人間どうしが、これからも批判しあったらどうなるでしょうか?
批判が批判を呼び、悲惨な結末を呼ぶでしょう。
だからこそ我々は、批判する前に相手を見るべきなのです。 相手に耳を傾けるべきなのです。
これが、フィリピンの報道と現実との違いから私が感じた事ですが、
これは、国際社会で、もしかすると日常生活においても重要な事柄であるのではないでしょうか。
皆さんの頭に少しでも残ることを願うとともに、自身の肝にも銘じこの話を締めたいと思います。

試験勉強の時間配分

DSC03712

 

こんにちは、上熊須です。
今回は試験勉強の時間配分について話したいと思います。
試験勉強において、直前に試験勉強することで最も効率がいい科目は暗記科目です。英単語、社会(中学生は理科も)が該当します。

この2科目にテスト直前の勉強時間を割くためには、他の科目の勉強をそれだけ早く終わらせないといけません。

理科社会であまり点数が取れてない人は、他の科目の勉強を早めに最後まで終わらせて理科社会に専念してみましょう。

大体の人はテスト1週間前からテスト対策を始めることが多いと思いますが、それだと1科目1日で終わらせるペースが必要です。

たった1日のサボりがテストに大きく響いてしまうので、できれば2週間くらい前から余裕をもってテスト勉強をしたいですね。

誠心館の講師をして身についたこと

DSC03572

 

こんにちは。講師の中村元幾です。

私が誠心館で講師を始めたのは2013年の2月からで、早くも2年半が経とうとしています。生徒たちや誠心館には色々な経験を積ませていただきました。本当にありがとうございます。

「勉強は他人に教えられるようになって一人前」とはよく言ったもので、この他人とはある特定の生徒ではなく、生徒の皆さん全員のことです。もちろん実際にどんな人にもわかりやすく説明するというのは簡単ではないことは確かで、それはこれからも精進していかなければいけないことです。

多くの大学で4年生から始まるセミナーでは、担当してくださる先生、教授、先輩に対して学生が授業と似た形で自分の研究内容を発表する時間が設けられます。自分では「わかっている」つもりでも発表内容の不備を先生に指摘され、それに答えられないのでは「わかっている」ことにはなりません。

いかに正確に、簡潔に言いたいことを伝えるか、また質問に対してわかりやすく答えることができるかが大切になります。
誠心館で働くようになった前後の時期のセミナーを比べると、その力が身についてきたのは確かだと実感できます。

生徒の皆さんももし黙々と勉強することに疲れてきたら、何人かで先生役と生徒役に分かれ、授業をしてみるというのもおもしろいかもしれませんね。自立学習の確立と同時に人に教えられる力を身につけてほしいと思います。

これまで一緒に成長してきてくれた生徒には感謝の言葉しかありません。これからもよろしくお願いします。

部活と勉強の両立

DSC03708

 

こんにちは、講師の太田です。今回は私の高校時代の部活と勉強について書きたいと思います。

私は高校3年間バスケットボール部に所属していました。小学校の時からバスケットボールをしていたので、受験勉強が忙しくても引退するまでは部活と勉強の両方を頑張ろうと決めていました。

高校のバスケットボールに総体とは別に冬に行われる大きな大会があります。

私が通っていた高校は公立の進学校だったので、基本的に3年生は総体で引退する人がほとんどでした。

だけど、私は高校の部活は人生で1回しかできないから冬の大会まで部活をしようと1年生の時から決めていました。

そのため1年生の時から数学を中心に少しずつ勉強をしていたので、部活を引退したらスムーズに受験勉強に入ることができました。

現在高校生で部活をしている人も今からどの教科でもいいので少しずつ勉強していきましょう。

そして部活を最後までやりきって気持ちよく受験勉強に入りましょう。