3時間、3日、3週間で復習を

DSC03392こんばんは!講師の丸野です。最近読書にはまっていてとくに山田悠介という方の本にはまっています。おすすめは「その時までサヨナラ」という本です。とても感動する内容なので皆さん是非一度は読んでみてください!

さて、大分話がそれてしまいましたが本題に入ろうと思います。

みなさんは人間の記憶の曖昧さを知っていますか?昔自分の担任の先生から聞いて印象に残った話なので今回話そうと思います(聞いた話なので確証はないです)

なんと人間の記憶は1日で約70%忘れていくらしいのです!なので勉強しても次の日には約30%しか記憶に残ってないのだとか、、確かに僕も時々昨日のご飯のメニューが思い出せない時が多々あります(笑)

これはとても辛いですよね、せっかく勉強したのに次の日には30%しか脳に定着していない。そこでこの事態を解決するためには「こまめに復習」すればいいのです!

確かに人間の脳はすぐに忘れてしまいますがその一方繰り返し見聞きしたものは自然と記憶に残りやすいという特性があります。

昔担任の先生が言っていたものはタイトルにある通り自分が勉強した内容を「3時間後、3日後、3週間後に復習」すれば大丈夫だそうです。なんでも3時間、3日、3週間というのはちょうど記憶から消えそうになる期間なんだとか(なぜかはわかりません(笑))なのでその期間にその都度記憶を復活させてあげれば最後の3週間後には忘れていることはないのだとか。

皆さんも記憶の仕組みを有効に使った勉強をしてみませんか?

やる気の出し方

DSC03402はじめまして、先月から誠心館で講師をさせていただいている木村といいます。

ブログを書くのは初めてなので、今回は勉強をするにあたってやる気の出し方などを少し書いていきたいと思います。

まずそもそも、やる気というのはどこかを探せば転がっているものではなく、自分の中から湧き立たせるものです。特に勉強というのは自分が好きでやっている趣味や部活などと比べてやりたくない人もやはり多いことでしょうが、目標もないまま嫌々やっていてはモチベーションが上がるわけもありません。大事なのは自分が勉強する目的、目標を自分の中で明確にすることです。

志望している学校にどうしても入りたい、ライバルに負けたくない、周りの人間に認められたい、など色々あると思いますが理由はなんでも構いません。どんなものであったとしても立派な理由だと言えるでしょう。ただ、何かしら目標を絶対に作らなければなりません。

自分に合った参考書選びであるとか、効率のいい勉強法だとか、成績を上げるために色々気になることはあるとは思いますが、そういうことよりも自分が何のために頑張るのか、何のために努力するのか、といったことを自分の中で明確にしていくことが大事です。最終的に頑張れるかどうかは、自分が目標に向かってどれだけ強い気持ちを持ち続けられるかどうかにかかっているでしょう。

この時期は受験生にとっては言うまでもなく大詰めの時期ですが、そうでない生徒の皆さんにとっても年が明けて、あるいは来年度に向けて心機一転頑張り始めるのに適している時期かと思います。ぜひ皆さんもじっくり考えてみてはどうかと思います。

センター試験を解いてみよう

DSC03391こんにちは、上熊須です。

センター試験が終わり、高3の方々は自己採点もされたと思います。センター試験では何が起こるかわからないので、実力以上の結果を出せた人や全く実力を出せなかった人もいると思います。今年は数学IIBが難しかったので、得意な人と苦手な人でかなり差がついたと思います。

高2や高1の人には関係ないと考える方々も居ますが、一回センター試験を解いているかいないかはこれからの勉強に大きく影響を与えます。必ず一度は挑戦してみましょう。

センター試験に挑戦するといっても、全ての科目をやる必要はもちろんありません。理科社会はまだ習っていないところが多いはずですし、数IIBは始まってもいない人もいるでしょう。

ですが、国語の現代文は高1ならばいままでやってきた事柄で十分解ける可能性はあります。理系なら数IAが解ける人もいるでしょう。特にセンター試験の国語は独特の癖があり、これを理解することによってセンター対策の勉強が格段に楽になります。

センター試験では知識だけではなく、とっさの対応力や、解くにはどこを読めばいいのかを考える力も必要です。センター試験を解くことによって、知識だけでなくそれ以外のテストを解く力を身に着けることができるはずです。

文章力を鍛えるには

DSC03384講師の宮本です。最近は就職活動に加え研究室に配属されて日々忙しなく働いております。

この段になってつくづく実感することに、文章を作成する経験を積む良い機会に恵まれたことです。社会人となってからは言わずもがな、社会人になるために就職希望先の企業へ何通も文章を送ります。最近では入学試験として小論文を課す学校も少なくありません。その他いろいろな機会で文章を作って他人に読んでもらわなければならないシーンがあります。

確実に要求されるこのスキルですが、ではこれはどのように習得すればいいのか。学校での授業だけでなく文章に触れる機会なんてありふれているけれど、それだけでは必要な文法や言葉の選び方は身に着かない。目を惹くような文章などは特別な才能と訓練を要します。

提案したいのは、SNSやブログなどで中高生が自己を表現する場を家庭でも励行することです。読書感想文などのように決められたフォーマットを提供するのではなく、固定されていない形式やテーマで。他者に読まれているという意識を持つことで文法や語彙も洗練されるでしょう。

もちろんネットで自己を発信することはトラブルにつながるケースもありますが、うまく使いこなせば教育という面でも有用なツールだと思います。

目標をたてる

DSC03383こんにちは、須貝友裕です。2015年が始まって、数日経ちましたが、みなさん2015年の目標をたてましたか?その目標が2015年が終わるときには達成できたかどうかはどうであれ、去年と同じように過ごすのは面白味がたりないでしょう。

新しいノートを買って、最初の方は丁寧に板書とってても、最後の5,6ページは字が雑になっていく経験はないですか?そのような事が日常生活があってもいいと思います。もちろん、理想は2015年の目標をしっかりやり遂げることですけどね。みなさんも、目標を立ててみませんか?

すき間時間を有効に

DSC03380こんばんは!講師の丸野です。久しぶりの投稿です。

今回はすき間時間の活用方法について話したいと思います。

僕は高校生の頃、机に向かってカリカリとペンを走らせるような勉強はとても嫌いでした(笑)

そこでペンを走らせずにできる勉強方法はないかと考えました。その結果「すき間時間を有効に使えばいい」という結論に至りました。特に暗記においてはこの方法かなりおすすめです!

まず家の洗面所の壁に数学の公式一覧の紙を貼り付けました。そして歯を磨く約1分間毎日ぼんやり眺めていました。たかが1分かと思ってはいけません。1年間に換算すると365分、つまり約6時間も無意識のうちに勉強しているのです(笑)

あとは通学の電車の中で英単語を見たり自転車にのるときはリスニングのCDをウォークマンで聞いたりとすき間時間をかなり使っていました。

皆さん好きな音楽の歌詞は自然と覚えると思います、実はこれは繰り返し同じものを聞いているからなのです。人間の脳は同じものを繰り返し見たり聞いたりしているものは意識せずとも覚えてしまう構造になっています。みなさん是非すき間時間を有効に使いませんか?

あきらめない気持ち

DSC03379本日のブログ担当の菱川です。

久しぶりのブログを書かせてもらっています。年末年始はなんと大晦日からインフルエンザにかかってしまい、本当の寝正月を過ごしていました。

さて、冬の寒さも増す一方で、受験も近づいてきました。三年生は緊張感が増してきたのではないでしょうか?もうダメだとあきらめたくなるかもしれません。

しかし、そんな時に諦めてしまったらそこまでです。妥協したら終わりです。自分が大変な時は自分が大きくなるチャンスでもあります。根性論のようですが、ここまでくれば気持ちではないかと自分は思います。

決してあきらめずに自分の夢を実現させるために尽力しましょう!!

入試直前の勉強法

DSC03377こんにちは、上熊須です。

冬休みも終わり、もうじきセンター試験や入試が見えてきましたね。今日は入試直前での勉強法について話したいと思います。

今まで受けてきた中間、期末試験は前日まで勉強して、より多くの試験範囲の内容を暗記または理解することによって点数を上げるテスト勉強をしてきたと思います。ですが入試では、テスト範囲はいままで習ってきたこと全てであり一日や二日では総復習することができないので、直前の詰め込みはあまり意味がありません。

では入試直前(特に前日)にするべきことは何かというと、それは「しっかり休むこと」です。

入試当日に100%の力を出せる人はそういません。緊張や慣れない環境、体調などで必ず何かしらのマイナスが自分に降りかかってきます。入試に受かるにはそれを乗り越えなければいけません。乗り越えるためには、しっかり休み自分の体調を整えることが最も大切です。

入試は受ける前日には既に勝負が決まっていて、あとは「当日ちゃんと時間通りに試験会場に行き、ちゃんと答えを書いて帰ってくる」ことができれば、必ず今までの努力に見合った結果が返ってくると自分は考えています。寝坊したり、お腹を壊して答えが書けないなんてことのないようにしたいですね。

学習内容の繋がり

DSC03373こんにちは。講師の中村元幾です。

勉強は継続して行うものですが、教科書の新しいページに進む度に前の内容を関係ないからと言って忘れてしまう、なんてことはないでしょうか。

例えば三角形の面積、底辺の長さがわかっている状況で高さを求める際に、(面積)÷(底辺の長さ)×2を計算し、高さを求めることができます。しかし数学で文字、方程式を学んだ上でこのやり方をするのは非常にもったいないです。

高さをhとし、(底辺の長さ)×h×(1/2)=(面積)という方程式を作るという考え方を学んだわけであり、なによりもっと複雑な式になった際には圧倒的にこの考え方で解く方が便利です。

これは数学に限らず社会などにも言えます。歴史の出来事を1つずつ覚えていくよりも、なぜその出来事が起きたかを考えて教科書の内容を深く理解することが大事です。

新しい内容、新しい単元に入った時に、今までやった内容がどこに使われているのかを考えて勉強していくこと学習に対する大事な取り組みの1つだと思います。

結果と原因

DSC03142

こんにちは。中村(宏)です。

今日は指導法について書きたいとも思います。

人間には物事を分類してみる能力が備わっています。黒いものや白いもの、うれしいことや悲しいことなど例を挙げればきりがありません。私が生徒を指導するうえでいつも意識している分類は、結果と原因です。学習における結果とは答案や成績などであり、原因とは考え方や学習態度などです。一つ一つの結果を改善しようとすると莫大な時間と労力がかかってしまいますが、原因を改善することによりスムーズに結果を改善することが出来ます。そのため、私の指導法では原因へのアプローチを優先的に行っています。

それでは生徒の解答に一つの間違った答案(結果)があったとします。このとき、どのように対処したらよいでしょうか。結果へアプローチする指導法では、正しい解答をひたすら練習させたり間違えを注意し続けたりします。この勉強法にはデメリットが2つあります。それは勉強が苦しくなることと応用力がなくなることです。応用問題では基礎に対する理解がとても重要になり、理解無くして暗記した内容はほとんど役に立ちません。それでは、原因に対するアプローチはどうしたらよいでしょうか。私の授業ではよく生徒に「どうやって考えたの?」と聴きます。生徒に自身の解答を説明してもらいながら、生徒と一緒にちゃんと理解できていなことは何かを探し、基礎の理解や精度を高めます。この指導法で難しいところは、生徒に必要以上の圧力をかけないしゃべり方です。よく日常生活で「なんで?」や「どうして?」という言葉を使いますが、この言葉には原因を聞こうとする意図以外に相手を問い詰めたり責めたりするニュアンスが含まれている気がします。それらの負のニュアンスを含ませずに「なぜ?」と聴くのはなかなか至難の技です。

また、原因へのアプローチは成績に対しても応用することが出来ます。悪い成績に対して、どれだけ「成績が悪い」と責めても、その結果は変わることはありません。本当にやるべきことは、なぜ勉強をしないのか、なぜ勉強が苦手なのかを相手を責めることなく一緒に考えることではないでしょうか。