テストとプレッシャー

DSC02978

こんにちは、上熊須です。

中学生のみなさんはテスト1日目が終わったころだと思います。1日目お疲れ様でした。テストの結果も気になる、2日目のテスト勉強もしないといけない忙しいタイミングだと思います。(このタイミングでこのページを読んでる方は少ないでしょうが)

明日は2日目のテストだと思いますが、テストが始まってから絶対にやってはいけないことがあります。「それは既に受けたテストのことを考えること」です。

テストの結果が良かった時に振り返ると、余裕ができテスト勉強に対するモチベーションが下がるうえ、油断してケアレスミスを起こす可能性が上がります。

逆にテストの結果が悪かった時に振り返ると、余計なプレッシャーがかかり、これもまた集中力の低下やケアレスミスなどを招きます。

テストはいままでにやった勉強を生かすためのものなので、なるべく平常心で受けられるようにしたいものです。

最大値

DSC02956

こんにちは、中村(宏)です。

今日は身の回りの関数と勉強法について書きます。

算数問題ですが、ペットボトル1本100円のジュースを100個売った場合、売り上げの合計は10000円になります。このとき、1缶の値段を200円に釣り上げても、売り上げは2倍になるどころか、だれも買わなくなってしまい、ほぼ売り上げ0円になってしまいます。

これを数学の関数で考えると、(売上)=(単価)×(個数)となります。さらに(個数)は(単価)によって決まるという関係があります。数学でy=x(100-x)という関数に似ています(現実の問題のほうがだいぶ複雑です)。yはxと(100-x)を掛けた値であり、xが増えると(100-x)の値が小さくなり、ある値を境にyの値は減り始めてしまいます。

この考え方はテスト勉強にも応用できます。(勉強の成果)=(勉強時間)×(集中力)という関数を考えるとします。勉強時間を徹夜などで増やす場合、集中力が減ってしまいます。これは前のジュースの例と同じであり、ある徹夜の程度を超えると集中力がなくなってしまい、結果的に学習の成果が下がってしまいます。

テスト直前ほど、短時間でいかにして勉強を終わらせるかということが大事になります。

 

 

一夜漬け

DSC02956

こんにちは、上熊須です。

そろそろ試験前、暗記科目を必死に詰め込む方も多いのではないでしょうか。

前日に必死に覚える俗に言う「一夜漬け」をされる方もいるかと思います。ですので、今回はその「一夜漬け」について話したいと思います。

「一夜」漬けと言っていますが、自分は一夜漬けは一夜だけでは成功しないと思っています。暗記は反復することによって初めてできることですし、そもそも一晩中だけで全部完璧に覚えられる人は一夜漬けなんてしません。

自分がおすすめする方法は、テストの5日前(最低でも3日前)から、寝る直前に暗記する必要のある単語などを、1回ずつだけでいいので、とにかく全部書くことです。

人間の脳は、寝てる間に記憶のしたことの整理をします。この直前に勉強することで、より記憶したことを定着させることができるのです。

こうやって事前に軽く定着させることにより、一夜漬けはより楽になります。

一夜漬けが楽になれば、さらに長く睡眠が取れ、より記憶したことを定着させることができ、その結果いい点につながるのです。

一夜漬けはもう始まっています。最後のあがきが10点、20点の差になることもあるので是非とも頑張ってほしいです。

 

テスト前日

photo2

講師の森下です。

よく、テスト当日、登校したときに「今日、ぜんぜん寝れてない」という人がいると思います。徹夜をした、という子もいます。
勉強時間の確保方法は人さまざまですが、個人的に、特に暗記科目に限ってはできるだけ睡眠時間を取ることをオススメしています。

というのも、睡眠は脳にとって、一日の間に取得した情報の「整理整頓」の時間になるからです。
私たちが意識していない細かなことでも、脳は常に働き、認識していて、膨大な量の情報を処理をしています。
これを整理し、収取選択している時間が、「睡眠」の時間にあたるといわれています。
(ですから、疲れたときに少しでも目を閉じることが推奨されているのは、目が一番、情報を取り込んでいる器官だからとも言われています)

できれば、テスト前日の夜は暖かいお風呂に入って、早めに寝てしまい、不安な教科がある場合は朝早く起きて勉強する方がいいように思っています。どうしても頭がすっきりしない、まだ眠いときには、テスト範囲のプリントなどを一通り見て、問題もいくつか解いてから、仮眠をとります。もちろん、遅刻のないように目ざまし時計は確実にかけておくことは重要です。
ただ、それまでの生活リズムや体質によっては朝起きることが困難かもしれません。そんなときは、寝る直前に暗記したい言葉や教科の勉強を持ってきてみてください。また、一番覚えたいことを寝る直前に復習してみてください。

ただし、前日に慌てて「まだ課題提出物が終わっていない!」ということがないように、きっちりと事前に取り組むことは必要です。

勉強する?

image

こんにちは、中村(宏)です。

「勉強をしよう」と思っても、行動できないという経験が誰にでもあると思います。今日はこの原因について書きたいと思います。

ところで、「勉強する」という言葉を聞いてどのような行動を思い浮かべますか。ある人は単語を覚えること、またある人は計算をすることを思い浮かべていると思います。単に「勉強する」といっても、「具体的に何をする」かは人それぞれです。すぐに行動するためにはこの「具体的な行動」を思い浮かべる必要があります。例えば、料理を作ってくださいという指示よりも鍋を作ってくださいという指示の方がすぐに行動に移ることができます。さらに、鍋を作ってくださいという指示よりももつ鍋を作ってくださいという指示の方がよりすぐに行動できます。

この鍋の例と同様に勉強も具体的に何をするかを決めたほうがすぐに行動できます。「勉強をしよう」よりも「単語を覚えよう」、「単語を覚えよう」よりも「不規則変化の動詞を覚えよう」という目的にしたほうがすぐに勉強に取り掛かれるようになります。

勉強を簡単に考えよう

DSC02500

こんにちは。講師の中村(元)です。

今日のテーマは「勉強をいかに簡単に考えるか」ということです。

I could distinguish genuine gold from the others then.

という文を考えてみましょう。
この文から形容詞、副詞といった修飾語と助動詞を省くと

I distinguish gold.

という単純な文になります。しかし、上の文の意味を大まかに把握するためには下の文の「主語」「動詞」「目的語」を理解するだけ十分なのです。
英語の長文ではもっと長い文も出てきますが、結局そのような文も「主語」「動詞」「目的語」さえ分かれば文の大体の意味は理解できるはずです。
「長いからダメ」「難しそうだからわからない」ではなく「難しそうな問題を簡単に理解する」ことが問題を解く上でも学力をつける上でも重要な能力です。

勉強と部活

DSC02949

本日のブログ担当の菱川です。

徐々に暑くなり、そろそろ本格的な夏がやってきそうです。

突然なのですが中学生でよく「勉強と部活を両立したい」ということをよく聞きます。
これはものすごくいいことだと思います。
個人的には勉強と部活は似ていると思います。中学生になり部活がはじまります。誰でも最初はゼロからのスタートです。
最初はボール拾いや清掃などをやらされると思います。そして次に嫌な嫌な基礎練習がはじまります(一番苦しい練習です笑)
基礎が身につくとようやく本格的に部活に参入できます。

勉強も同じではないでしょうか?
部活でのボール拾いや清掃は勉強においては心の構えにあたり、基礎練習は足し算、掛け算その他諸々の勉強における基礎、そうしてそれらが揃ってはじめて問題に向かうことができます。

どちらも練習しないといけません。

『部活』は体を使い『勉強』は頭を使います。
しかし、いづれにせよ『基礎』、『練習』が必要なのだと思います。

役に立つ数字、聞いたことがある数字

DSC02921

こんにちは、上熊須です。

計算力をつけるには地道なトレーニング必要ですが、楽につけるための方法ももちろんあります。

それは”よく出てくる数字”を覚えることです。試しに以下の数字を素因数分解してみましょう。

12=

18=

24=

36=

48=

72=

これは自分がある生徒に出した宿題の一部ですが、順列組み合わせや確率、ルートの計算など、さまざまなところで出てくると思われる数字です。これを即座に解けるようになると、計算ミスも減り、速度も段違いに上がります。是非とも覚えてほしいです。

数学でも、ただ計算を繰り返すだけでなく、要所要所で暗記をすることも念頭に置いて授業すべきだと自分は思います。

最適な学習法のヒント

楽譜

こんにちは、中村(宏)です。

今日は勉強の方法論について書きます。

絶対音感という言葉を知っていますか?音を聴いただけでその音がどの高さの音なのかが瞬時に判断できる能力のことです。私の知人には、この絶対音感の持ち主がいて、その人が言うには音楽を聴いただけで楽譜が頭の中に思い浮かぶそうです。同じ音楽を聴いていても、絶対音感を持つ人とそうでない人とでは受け取る情報量は全然違います。

受け取る情報量の違いは音楽の例だけではなく勉強についても同じだと思います。正直な話、私自身も授業を聞いて学習内容を整理するのが苦手でした。情報は、目で見るもの、耳で聞くもの、実際に体験してみるものなど様々です。勉強をするときには、自分自身が最も得意とする情報で勉強をすることで、学習効率を上げることができます。耳からの情報が得意な人は単語を音読して覚えたり、目からの情報が得意な人は定期的に単語帳を見ることで単語を覚えることができます。

絶対音感は幼少期のトレーニングや環境によって身に着く能力です。この能力と同じように一人一人の得意な勉強法のヒントは、幼少期の環境や当時好きだった遊びやおもちゃに隠れているのかもしれません。

テストの表彰

DSC02860

本日のブログ担当の菱川です。

本日塾ではテストの結果に基づいて表彰式がありました。表彰式?と思われたかたもいるかもしれません。
表彰式というのはテストの合計点が塾で一番高かった人を表彰したりします。(今回の表彰者で一番高かったのは450overの子でした!嬉しい限りです!!) しかし、表彰されるのは一番高かった人だけではありません。生徒が定めた目標を超えていたり、前回のテストより一点でも点数が上がっていたら表彰されます。 表彰された生徒はとてもうれしそうでした(^.^)

塾では表彰という形で勉強を頑張って結果を出した生徒たちを褒めます。
家でも是非褒めてほしいと強く思います。勉強を嫌々でも頑張ってしてテストで結果を出したなら子供は必ず喜びます。それに対して「もっと点数とれるやろ?」というのは考え物だと思います。点数が一点でもあがればそれは子供たちの成果です。

是非とも子供たちの頑張りを褒めてあげてください!!